BIGNEWS

ようこそBIGNEWSへ

*

ジョシュ・バーネットについて

   

ジョッシュバーネットはMMAというスポーツがステロイドありきのスポーツであると印象付けた選手。
だからあまり僕は好きではない。
強いのかもしれないがステロイドをつかって試合に勝ってもつよいと認められる
MMAというスポーツのステロイドに対する甘さがMMAのイメージ悪化につながっている。
MMAはスポーツというより興行要素が強いためステロイドやってようが
体がでかくて強い選手が人気がでやすい。
結局、ジョシュはMMAはイベント要素が大きいと発言しているようだし
ステロイドやっているファイターがいても客さえよべればいいと思っているみたいだね。
K-1がいい選手呼べたのもステロイド検査がゆるくて金が稼げる団体だったから。

 - 未分類

  関連記事

クイントンランペイジジャクソン ボクシングに転向したい

クイントンランペイジジャクソン ボクシングに転向したいについて クイントンランペ …

ヒカキンについての詳細

ヒカキンというボイパ動画が2000万再生くらいされてユーチューブで一気に有名にな …

ボディービル出身で朝山端は相撲で活躍できるか?

相撲取りは筋肉量だけかてるほど甘い競技ではない。200キロこえている筋肉+脂肪が …

a
アンソニージョンソンステロイド疑惑

アンソニージョンソンはもともとはウェルター級の選手 減量がきついという理由で二階 …

aaaa
関慎吾ことニコ生ハルヒについて

関慎吾ことニコ生ハルヒについて書いていきたいなと思います。 ハルヒさんこと関慎吾 …

山本KIDとケガについて

スポーツ選手はケガをすると一気にパフォーマンスが低下するけれど、 やっぱりすごい …

a
新開悠人について

新開悠人の詳細について書いていこうかなと思います。 新開悠人は新開さんの弟であり …

no image
沖縄拳法は強いか。

沖縄拳法は強いかどうか、それは個人の資質によるものが大きいんじゃないでしょうか。 …

警備員の体験談と警備員に対する思い

警備員の仕事はいままでやったバイトの中で一番楽だったという記憶があるし 立ってる …

no image
他人は他人

自分が困っているときに助けてくれるひとっていうのはいない。。 特にほんとに自分が …